fc2ブログ

思うこと

日記

「歴史上で好きな人物は誰?」  

歴史は大好き、好きな人物もなかなか一人には絞りきれません。
まず、聖徳太子と卑弥呼。
どちらも、後世に作られた評価のようなところがありますが(よくわかっていないから)、ロマンがあって想像が膨らみます。
古代中国では、司馬遷。
不遇にも負けず、歴史書の初めを定め、今に残る歴史があるのは彼のお蔭と思えます。
他にも、挙げればきりがないほどありますが、古代の人のほうが好きです。

昨日から仕事で、息子は気を利かしてか、昨日東京へ帰りました。
姑は相変わらず、息子が今何年生であるかわからず、「だんだん、訳がわからなくなってきている」と言います。
自分も、何もすることが無ければ、呆けてくるかもしれないと思い始めています。
まだ、仕事があるし、本を読んだり、ウォーキングしたり、旅行に行きたいなど、したいことがあるので、大丈夫でしょう。

すえずえすえずえ
(2014/07/31)
畠中 恵

商品詳細を見る
しゃばけシリーズ最新刊の13冊目。
このシリーズは、どういう落ちで終わるのか、それが楽しみになってきました。

先日、大阪へ出た時の空き時間に本屋へ寄り買ってしまいました。
もう1冊、欲しい本もあったのですが、これだけ買い、読む本が無いときに読もうと思っていましたが、そうでない時に一気に読んでしまいました。
楽しみは、あとに取っておくほうなのですが、待ちきれず読んでしまい、先日買い控えた本を買おうかと、真剣に思っています(シリーズなので、最初から揃えたくなるから、迷っています)。

Posted on 23:09 [edit]

category: テーマ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://h555jun.blog136.fc2.com/tb.php/774-7b882ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

カテゴリ

カウンター