fc2ブログ

思うこと

日記

「自分の街や国を作るならどんな名前をつける?」  

そんなこと、考えたこともない。昔のままごと遊びならいざ知らず...
如いて考えてみても、思いつかない、自分の名前のもじりくらいしか....

銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件 (朝日文芸文庫)銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件 (朝日文芸文庫)
(1993/10)
塩野 七生

商品詳細を見る
読んだのは文庫ではありませんが、imgがなかったので。
ルネサンスのころのフィレンツェ、メディチ家。
歴史を思い出しながら読了。
教会の名前や、宮殿の名前が通りの名称になったりするんですね。

午後、体操会場とは逆方向の図書館へ行き、それから体操へと向かったので、歩きではなく自転車にしました。
寒くなると、歩くのも嫌になりそうですが、午前中も結構自転車で方々へ出かけたので良しとします。

水曜の午後は送り迎えの時間に、私が家にいることができるので、姑はデイサービスの体験へ。
一度、よさそうと思って体験した前回のところは、もっと年寄りばかりで、行きたくないというので、他のところを紹介してもらい、手仕事(機織り)や、マッサージのあるところを体験することに。
今回は気に入ったようで、しばらく行ってみることにしたようです(人生初体験のマッサージが良かったみたい)。
家にじっといるだけで、何もしたくない、する気が起きない、と言ってだんだんと認知症が進んできたように思うので、行くところができてよかったと思います。

Posted on 19:54 [edit]

category: テーマ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://h555jun.blog136.fc2.com/tb.php/421-8779188f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カレンダー

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

カテゴリ

カウンター