fc2ブログ

思うこと

日記

厄神  

昨日は、朝から多井畑厄神へ、息子が25歳の厄年なので。
朝10時前に家を出て、JRとバスを乗り継いで10時半頃につきました。
臨時にバスも増発されていますが満員で、運よく先発が出た後の最初のほうに並んでいたので座れました。
着いてからはひたすら石段を登る事136段、休み休み登るとかえって疲れるので、一気に人混みを縫うように。
御祈祷を申込み、これも運よく私で締め切られ、待つことなく祈祷所に。
おさがりとお札をもらってまた36段登り、「ひとがた」に名前を書き水に浮かべ(身代わり厄除け)、少し下ってお神楽の奉納をしておわり。
ここでおみくじを引くと、吉、フクロウの根付けもついていました。
屋台に見向きもせず、バスとJRを乗り継いで12時過ぎに帰りました。
御祈祷料は一人7千円、それでも家族数人まとめて申し込む方もおられ、景気に関係なくお参りにはケチらないのですね。
気持ちだけの問題ですが、ちょっと気分が軽くなった気がします、単純です。

今朝はうっすら屋根に雪が、道路は雨が降った後の様でした。
昨日のうちにお参りしておいてよかったです。
午後は病院へ、火曜に退院が決まったので、何も持っていくものはなく、いらないものを持って帰ってきました。

亡国の薔薇<上> (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)亡国の薔薇<上> (英国式犯罪解剖学) (創元推理文庫)
(2013/09/28)
イモジェン・ロバートスン

商品詳細を見る
シリーズ2冊目、半分ほど読みました。
先が気になります。
スポンサーサイト



Posted on 19:31 [edit]

category: いろいろ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

カテゴリ

カウンター