fc2ブログ

思うこと

日記

「心にきた名言」  

文章はおいしく読まねば損である。 
朝日新聞・土曜be5月28日『作家の口福』欄での、森見登美彦氏の言葉。
料理をおいしく食べたければ、いろいろ工夫をするように(たとえば、組み合わせ・体の調子に合わせる)、
文章もそれぞれ味を持ち、無味乾燥な書類の後は恋愛小説、その情熱に辟易したら科学エッセイ...
というように、おいしさを引き出す組み合わせがあり、一人一人違う、文章の献立を考えれば、
文章を読みやすくすることができる...

まあ、本を乱読している私の、読み方でもあります。
蛻
(2010/06/18)
犬飼 六岐

商品詳細を見る

蛻 読みました。
スポンサーサイト



Posted on 14:40 [edit]

category: テーマ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カレンダー

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

カテゴリ

カウンター